Happily Smile Book Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「孤高のメス第1巻」大鐘稔彦

<<   作成日時 : 2009/12/09 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
大鐘 稔彦

ユーザレビュー:
おもしろいが惜しい。 ...
軽い医療界に身をおく ...
こんな先生がいれば・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



実際にお医者様でもある大鐘さんの小説。

腕のいい外科医「当麻」はその腕を買われていく先々でひきとめられながらそれを断り、地域に根ざす病院でオールマイティな外科医を目指している。

お医者様が書かれた話なのでどれも現実味があって、描写も細かい。

面白くて一気に読んでしまった。

でもこれ1巻から6巻まであるのよね〜〜〜全部読みそうだわ。

1巻の中にでてくる輸血ができないエホバの聖人の患者の話は実際にご本人も何例も手がけている実地体験に基づいているのか圧巻です。

来年映画化されるようで主演は堤真一さん、当麻医師ぴったりの配役だと思いました♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「孤高のメス第1巻」大鐘稔彦 Happily Smile Book Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる